「情動」科研ウェブサイトへのリンク

バナー小.png

続きを読む

第3回公開シンポジウム「トランスカルチャー状況下における顔・身体学の構築」【公開】

日時:2018年11月25日(日) 14:00〜18:30
会場:AA研大会議室(303)

14:00-14:05 床呂郁哉(AA研所員)趣旨説明
14:05-14:10 山口真美(中央大学)ご挨拶
第一部 顔・身体研究の諸相
14:10-14:40 大貫菜穂(京都造形芸術大学)「『かぶき』思想の身体表象としてのイレズミ」
14:40-15:10 宮永美知代(東京芸術大学)「異国人をどのように描いたのか?絵画からの美術解剖学的考察」
15:20-15:50 橋彌和秀(九州大学)「ウチとソトを分かつ顔・つなぐ顔:その進化と発達」
第二部 トランスカルチャー状況をめぐって
15:50-16:30 佐藤知久(京都市立芸術大学芸術資源研究センター)「魂/機械/知性:トランスカルチャー状況とハイブリッド化をめぐる人類学的考察」
16:40-16:55 河野哲也(立教大学) コメント1
16:55-17:10 金沢創(日本女子大学) コメント2
17:10-18:30 総合討議

使用言語:日本語
参加費:無料
事前申し込み:不要

共催:
科学研究費補助金事業・新学術領域研究(研究領域提案型)「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築―多文化をつなぐ顔と身体表現」
基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究―人類学におけるミクロ‐マクロ系の連関2」

続きを読む

カテゴリ: NEWS |

2018年度 第2回フィールドサイエンス・コロキアム 『地域研究からみた人道支援』をめぐって

 下記のように、湖中真哉・太田至・孫暁剛(編)『地域研究からみた人道支援』をテーマとしたシンポジウムを開催いたします。同書は、飢餓・紛争・テロなど、絶え間ない人道的危機に直面する東アフリカ遊牧民社会への国際社会の支援の現場で、何が起こっているか、何が求められているのかを論じ、地域研究者と援助の実務家が協働し人道支援のあり方に根源的な転回を迫るものとして、地域研究コンソーシアム賞を受賞した著作です。 ご関心のある方はどなたでも奮ってご参加ください。

日時:2018年11月18日(日) 10:00〜12:30
会場:AA研マルチメディアセミナー室(306)

10:00~10:05 開会挨拶(外川昌彦・AA研)
10:05~10:45 『地域研究からみた人道支援』概要報告(湖中真哉[静岡県立大学]、孫暁剛[京都大学]・太田至[京都大学]・島田剛[明治大学]・波佐間逸博[長崎大学]・村尾るみ子[立教大学]・望月良憲[静岡県立大学])
10:45~10:55 休憩
10:55~11:10 コメント1 木村周平(筑波大学)
11:10~11:25 コメント2 佐川徹(慶應大学)
11:25~12:30 全体討論・閉会挨拶(西井凉子・AA研)

共催:
基幹研究人類学「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究--人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」
AA研フィールドサイエンス研究企画センター(FSC)
科学研究費補助金基盤研究(A)「アフリカ遊動社会における接合型レジリアンス探求による人道支援・開発ギャップの克服」(課題番号:18H03606)
科学研究費補助金基盤研究(A)「人類学的フィールドワークを通じた情動研究の新展開:危機を中心に」(課題番号:17H00948)

続きを読む

カテゴリ: NEWS |

2018年度 文化/社会人類学研究セミナー(次世代育成セミナー)

 11月17日(土)に、日本文化人類学会とAA研の基幹研究「人類学におけるミクロ-マクロ系の連関」の共催による、「文化/社会人類学研究セミナー(次世代育成セミナー)」が開催されます。
 博士論文や投稿論文を執筆中の若手研究者が研究発表し、第一線で活躍する研究者からのコメントをもらい、フロアーも交えて議論します。(発表要旨は本メールの下の方にあります)
 後半には、特別企画として、日本文化人類学会の学会誌(日本語・英語)の編集員をお招きし、執筆、投稿、査読に関して自由に質問し、またアドバイスなどをいただく機会を設けます。
 なお本年度も託児スペースを設け、子連れでの参加もできるようになっています。若手研究者もそうでない方も、皆様是非足をお運びください。また周囲の関心のありそうな方々にもご紹介いただければと思います。

===
日時:2018年11月17日(土)13:00-19:00
会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)304、306室

*発表50分、コメント20分、質疑応答20分
*セミナー終了後は、多磨駅周辺において参加者・関係者による懇親会を予定しておりますので、こちらにも積極的にご参加ください。出欠は当日、会場においてとります。
託児の希望者は、10月31日までにAA研吉田ゆか子(yoshidayu★aa.tufs.ac.jp ★を@に変えてください)まで、連絡してください。また期日を過ぎてもお引き受けできる可能性もありますので、随時ご連絡ください。

<プログラム>
■13:00-13:05
開会の挨拶 松村圭一郎(岡山大学) 於第1会場(304)

■13:05-14:35
第1会場(304)発表 游乃蕙(東京大学大学院)
「文化人類学からみる日本統治期台湾文学─佐藤春夫の『日月潭に遊ぶ記』『殖民地の旅』を中心に」
コメント 植野弘子(東洋大学)

第2会場(306)発表 合地幸子(AA研)
「インドネシア・ジャワの家族と高齢者ケア―見舞いから看取りまでの社会的動態を中心に」
コメント 鈴木七美(国立民族学博物館)

■14:40-16:10
第1会場(304)発表 アルベルトゥス=トーマス・モリ(AA研)
「華人キリスト者による『短期宣教』への一考察」
コメント 藏本龍介(東京大学)

第2会場(306)発表 川瀬由高(日本学術振興会/東京大学大学院)
「イスの坐りかた―中国の農民生活にみる予期された偶発性とアフォーダンス」
コメント 松村圭一郎(岡山大学)

■16:15-17:45
第1会場(304)発表 横田浩一(亜細亜大学)
「村の祭りと老人たち―中国広東省潮汕地域村落における民俗宗教と自律性」
コメント 片岡樹(京都大学)

第2会場(306)発表 岩瀬裕子(首都大学東京大学院)
「協働的身体の知に関する試論-スペイン・カタルーニャ州、人間の塔の最下部を事例として」
コメント 菅原和孝(京都大学)

■17:50-18:00
講評 床呂郁哉(AA研)、松村圭一郎(岡山大学) 於第1会場(304)

■18:00-19:00
特別企画 『文化人類学』・『Japanese Review of Cultural Anthropology』の編集委員に聞く
執筆・投稿・査読に関わるあれこれ 於第1会場(304)
情報提供 綾部真雄(首都大学東京)・トム・ギル(明治学院大学)

閉会の挨拶  西井凉子(AA研)

発表要旨は「続きを読む」へ

続きを読む

カテゴリ: NEWS, NEWS ARCHIVE |

東日本大震災と生のかたち

日時:2018年10月20日(土)13:30-18:00
会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 マルチメディアセミナー室(306)

  
13:30-13:40 趣旨説明:西井凉子(AA研)
13:40-14:30 発表1:「災害と遺体:東日本大震災における葬儀業の活動展開に関する事例研究」田中大介(東京大学)
14:30-14:40 休憩
14:40-15:30 発表2:「3.11以後の日常を記録・分有する技法:映像・演劇・展示の事例から」丹羽朋子(人間文化研究機構)
15:30-15:40 休憩
15:40-16:30 発表3:「福島出身者の私的福島論」古川誠(関西大学)
16:30-16:40 休憩
16:40-18:00 全体討論・質疑応答

主催:科学研究費補助金基盤研究(A)「人類学的フィールドワークを通じた情動研究の新展開:危機を中心に」
共催:基幹研究人類学「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究--人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」















続きを読む

カテゴリ: NEWS |

ヴィンセント・クラパンザーノ教授招聘シンポジウム      "Coping with Vertiginous Realities"(使用言語:英語)

caalk006.jpg
日時:2018年10月6日(土)13:00-17:30
会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所大会議室(303)

  
13:00~13:10 Opening address (Nishii Ryoko, ILCAA)
13:10~14:10  Keynote lecture : "Affective Responses to Manufactured Anomie"(Vincent Crapanzano, New York City University)
14:10~14:20 break
14:20~14:50 "Sectarian Tension and Everyday Life : Case of Lebanon" (Akimitsu Ikeda, ILCAA)
14:50~15:20 "Enacting the Past Incidents in a Non-literate Society: Tripartite Interaction among the G|ui Narrators, Research Assistants, and an Anthropologist in Central Kalahari" (Kazuyoshi Sugawara, Kyoto University)
15:20~15:35 break
15:35~16:05 "Accommodating Nightmares: How to Cope with Anxieties in a Sudanese Refugee Community" (Akira Okazaki, ILCAA)
16:05~16:20 Comments(Tadashi Yanai, University of Tokyo)
16:20~17:30 Discussion

Jointly sponsored by Grant-in-Aid for Scientific Research (A) " New Anthropological Approach to Affective Studies through Fieldwork of Critical Situations"(17H00948), Core Project (Anthropology) "The Potential Value of Indigenous Knowledge in Managing Hazards in Asia and Africa: The Anthropological Explorations into the Linkage of Micro-Macro Perspectives 2", ILCAA Joint Research Projects "Life as Dynamism in Search of a Methodological Connection between Affect, Thinking, and Art"

続きを読む

カテゴリ: NEWS |

平成30年度日本文化人類学会「文化/社会人類学セミナー」

日本文化人類学会、若手会員の研究活動支援の一環として事業化された「次世代育成セミナー」を、今年度も開催いたします。このセミナーは、若手研究者が研究職に応募する際などに重要な意味をもつ学会誌への論文投稿を積極的に促すべく構想されたものです。論文の査読に匹敵するようなかたちで、本セミナーの発表には、発表者ごとにその内容にふさわしいコメンテーターをつけ、コメント・討論を実質化して、発表草稿を学会誌投稿論文に練り上げる一助としています。

今年度も、東日本の会場は東京外国語大学AA研で、2018年11月17日(土)に開催します。

本セミナーへの応募者は、まず応募登録(エントリー)をしたうえで、論文草稿をご提出ください。

応募登録(エントリー)期間は、2018年7月1日〜7月31日です。
論文草稿提出期間は、2018年9月18日〜10月1日です。

応募の詳細については、学会ウェブサイト上の「次世代育成セミナー」のページをご覧ください。

続きを読む

カテゴリ: NEWS |

「情動」科研2017年度調査報告会

日時:2018年7月21日(土)14:20-17:30
会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所マルチメディアセミナー室(306)

14:20-14:30 挨拶(西井凉子)
14:30-15:00 藤野陽平「引き継がれる情動:台湾の日本人妻と2世の事例から」
15:00-15:30 澁谷俊樹「祭祀をめぐる不確実性が喚起する情動:インド・西ベンガル州の祭祀の事例から」
15:30-15:45 休憩
15:45-16:15 塩谷賢「家族的類似性の二面性について:群れについての哲学的考察」
16:15-16:45 郡司幸夫「西表のカニと現象学の解体・ハーマンの目標のさらに先」
16:45-16:55 休憩
16:55-17:30 質疑応答

主催:科学研究費補助金基盤研究(A)「人類学的フィールドワークを通じた情動研究の新展開:危機を中心に」
共催:基幹研究人類学「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究--人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」


続きを読む

国際ワークショップ「10月6日事件と現在性-暴力と民主主義」(公開)

日時:2018年6月30日(土)14:00-17:00
会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所マルチメディアセミナー室(306)

14:00-14:15 Ryoko NISHII (ILCAA) Introduction
14:15-15:00 Puangthong R. PAWAKAPAN (Chulalongkorn University) "Challenges of documenting the Oct 6 massacre in the amnesic Thai society"
15:00-15:15 Rest
15:15-16:00 Comment
discussant 1: Thongchai WINICHAKUL (IDE-JETRO)
discussant 2: Masaki TAKAHASHI (Musashino Univerisity)
16:00-17:00 Discussion

使用言語:英語
参加費:無料
事前申し込み:不要
主催:基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究-人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」

続きを読む

カテゴリ: NEWS |

「福島から学ぶ:上映会」(非公開)

日時:5月14日(月)
会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所マルチメディアセミナー室(306)

13:30-13:40 挨拶(西井凉子)
13:40-14:10 イントロダクション(関谷雄一)
14:10-14:20 休憩
14:20-16:00 福島まなび旅関連映像上映およびコメント/解説(田部文厚)
16:00-16:15 休憩
16:15-17:15 質疑応答および全体討論

主催:科学研究費補助金基盤研究(A)「人類学的フィールドワークを通じた情動研究の新展開:危機を中心に」
共催:基幹研究人類学「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究--人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」

広報用写真P1000190 - コピー.JPG

続きを読む

負債をめぐるポリティクス:東南アジア、オセアニア、アフリカの事例から

日時:2018年4月28日(土)
会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所304室

14:00 箕曲在弘(東洋大学)趣旨説明――負債をめぐるポリティクス
14:15 生駒美樹(AA研ジュニア・フェロー) 発表1「チャをめぐる生産者の負債と関係――ミャンマーの茶生産を事例に」
松村圭一郎(岡山大学)コメント
15:00 河野正治(日本学術振興会/京都大学)発表2「負債と威信――現代ミクロネシア・ポーンペイ島社会における祭宴と首長制のポリティックス」
深田淳太郎(三重大学)コメント
16:00 佐久間寛(AA研所員)発表3「祓えぬ負債に憑かれること――ニジェールにおける経験から」
中川理(立教大学)コメント
16:45 総合討論
使用言語:日本語
参加費:無料
事前申し込み:不要
共催
基幹研究人類学「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究ー人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」,科学研究費補助金(基盤A)「人類学的フィールドワークを通じた情動研究の新展開:危機を中心に」(研究代表者:西井涼子(AA研所員)課題番号:17H00948)

続きを読む

カテゴリ: NEWS |

基盤研究(A)「人類学的フィールドワークを通じた情動研究の新展開:危機を中心に」を開始

平成29年度科学研究費補助金基盤研究(A)(一般)
「人類学的フィールドワークを通じた情動研究の新展開:危機を中心に」
を開始しました。
詳しくは下記をご覧ください。
affect_kaken.pdf

続きを読む

カテゴリ: NEWS |

報告書が完成しました

2016年度に開催した公開シンポジウムの報告書が完成しました。「LIBRARY/本棚」で公開しています。

続きを読む

カテゴリ: NEWS | タグ: